スマートフォン用の表示で見る

常高院

一般

常高院

じょうこういん

安土桃山時代江戸時代初期の女性(1570年?〜1633年)。名は「初」。

浅井長政の次女で、母は織田信長の妹・お市

浅井三姉妹」の次女として知られる。姉の淀殿茶々)は豊臣秀吉側室、妹の崇源院(江)は徳川秀忠正室。

1587年、従兄にあたる京極高次の正室となる。高次との間に子は無かった。

大坂の陣では、姉・淀殿の豊臣方と妹・江が嫁いだ徳川方との板挟みとなり、両家の仲介に奔走した。