植島啓司

読書

植島啓司

うえしまけいじ

一九四七年東京生まれ。宗教人類学者。

東京大学卒。東京大学大学院人文科学研究科宗教学専攻)博士課程修了後、シカゴ大学大学院に留学、M・エリアーデらのもとで研究を続ける。

NYのニュースクール・フォー・ソーシャルリサーチ客員教授関西大学教授、人間総合科学大学教授などを歴任。

著書に『男が女になる病気』『分裂病者のダンスパーティ』『オデッサの誘惑』『聖地の想像力』『「頭がよい」って何だろう』『性愛奥義』他。