スマートフォン用の表示で見る

神岡鉱山

一般

神岡鉱山

かみおかこうざん

岐阜県北部の飛騨市にある鉱山

奈良時代から亜鉛や鉛を産出していた。

近代に入り、三井組(のちの三井金属)が鉱山の経営権を取得。採掘の近代化によって大規模な経営を行うようになった。

その際、カドミウムを含む廃液を神通川へ流していたことが、イタイイタイ病の原因とされた。

2001年に採掘中止。

現在はスーパーカミオカンデなどが建設されている。