スマートフォン用の表示で見る

尋常小学校

一般

尋常小学校

じんじょうしょうがっこう

明治〜昭和戦前期の小学校の名称。明治19年の小学校令で尋常小学校・高等小学校が設置される。この時の尋常小学校の修業年数は4年間で、その後何回かの変遷を経て、明治40年に6年間に延長。ほぼ現在の小学校と同じ修業年数となり現在に至る。昭和16年の国民学校令により、国民学校が設置され、「尋常小学校」の名称は消滅した。