雀鬼

ゲーム

雀鬼

じゃんき

麻雀の鬼。特に、桜井章一


麻雀小説や麻雀劇画黎明期においては麻雀の世界に生きる男の呼称として一般名詞的に用いられていた。またしばしば阿佐田哲也を指した。

しかし、柳史一郎による小説「伝説の雀鬼桜井章一伝」およびそのコミック化・Vシネマ化により「雀鬼桜井章一」という認識が麻雀ファンの中に浸透した後は、雀鬼という呼称は桜井章一を指す固有名詞的に用いられることが多い。