制海権

一般

制海権

せいかいけん

command of the sea (英)

海を軍事的に支配すること。あるいはその支配そのもの。場合によっては「海上権」などとも。

支配とは、この場合は自国の艦艇・船舶を通行させ、敵対国の艦船の通行を阻止する状態を維持することである。

帆走海軍の時代にはその海域に軍艦がいるかいないかが決定的な要素であったから、それなりに「絶対」に近い概念であったが、その後の技術革新*1によって「支配」はより移ろいやすいものになった。このため、現代ではこの語のかわりに海上優勢(naval supremacy)と呼ぶ方が適切であるとも言える*2

普通は「ソロモン周辺の制海権」「北大西洋制海権」みたいなある特定の海域について用いられる語。

これに対して海洋全般における優越*3についてはThalassocracyの語が用いられる。

*1蒸気機関による風力からの解放、潜水艦航空機ミサイルの登場など

*2:もっとも、navalは海上に限らない語なので、訳語自体の妥当性には疑問が残るが

*3国際社会で言うところの覇権に相当するもの