正統的周辺参加

一般

正統的周辺参加

せいとうてきしゅうへんさんか

『学習を必須の構成要素とする社会的実践へのかかわりを記述する手段として提案されたもの』


で、ひらたく言ってしまえば当初はもっとも縁の部分に位置する初心者が学習をし、参加する位置と見方をしだいに中心に移していくということだ。


http://guy3guy3.blogspot.com/2006/03/thinking.html