スマートフォン用の表示で見る

青蛙房

読書

青蛙房

せいあぼう

おもに落語物、江戸明治物を出版している出版社

元来は、劇作家岡本綺堂の作品を世に遺すために、綺堂の養子の岡本経一によって、1955年12月に創業された。

社名とした「青蛙房」は、岡本綺堂の作品、『青蛙堂鬼談』からとった。


リスト::出版社