責任分界点

一般

責任分界点

せきにんぶんかいてん

お客様と電力会社との設備の境界線のこと。

殆どの場合、宅内側から配線されたSVなどの幹線電柱からの架空電線DV線の接続部分、DV線側に、分電線に赤いチューブ、または黄色いチューブが責任分界点としてついている(東京電力の場合)。

赤いチューブなら引込工事委託店の引込工事、黄色いチューブなら電力会社の引込工事をを示す。