スマートフォン用の表示で見る

赤朽葉家の伝説

読書

赤朽葉家の伝説

あかくちばけのでんせつ

『赤朽葉(あかくちば)家の伝説』

桜庭一樹の著作。

2006年12月、東京創元社より出版。

本作で第60回日本推理作家協会賞を受賞。第137回直木賞候補作。

ISBN:4488023932

“辺境の人”に置き忘れられた幼子。この子は村の若夫婦に引き取られ、長じて製鉄業で財を成した旧家赤朽葉家に望まれ輿入れし、赤朽葉家の“千里眼奥様”と呼ばれることになる。これが、私の祖母である赤朽葉万葉だ。

――千里眼の祖母、漫画家の母、そして何者でもないわたし。高度経済成長バブル景気を経て平成の世に至る現代史を背景に、鳥取の旧家に生きる三代の女たち、そして彼女たちを取り巻く不思議な一族の姿を、比類ない筆致で鮮やかに描き上げた渾身の雄編。

ようこそ、ビューティフルワールドへ。