スマートフォン用の表示で見る

赤穂藩

地理

赤穂藩

あこうはん

 江戸時代に現在の兵庫県赤穂市にあった藩。忠臣蔵で知られる。

 1615年に姫路藩池田輝政の5男・政綱が姫路藩より3万5千石を分知され、ここに赤穂藩を創設。 1645年2代目藩主輝興が発狂し妻や侍女数人を斬殺し改易。

 代わって常陸笠間藩より浅野長直が5万3千石で入封。

 1701年3代浅野長矩江戸城中で旗本吉良義央に斬りつけたことにより切腹、改易となった。

忠臣蔵及び赤穂浪士の項参照。

 代わって下野国烏山藩より永井直敬が3万2千石で入封。1706年に信濃国飯山藩へ転封し、代わって備中西江原藩より森長直が2万石で入封。以後、12代165年間、森家の藩政が続き廃藩置県を迎えた。