スマートフォン用の表示で見る

千の風

音楽

千の風

せんのかぜ
  1. 千の風になって」のもととなった作者不詳の英語詩「a thousand winds」を塩谷靖子?が訳、吉野慶太郎?がその詩に曲をつけて楽曲としたもの。訳詩が「千の風になって」より原詩に忠実であるとの評価がある。
  2. 楽曲「千の風になって」の略。→千の風になって
  3. 「死」の婉曲表現。「死ねばいいのに」の代用表現として「千の風になればいい」、「千の風になってしまえ」のように使用する。