スマートフォン用の表示で見る

走馬燈

一般

走馬燈

そうまとう

灯籠の内側にもう一つ筒型の枠を入れ、そこに切り絵を貼って影絵のように見せる。またその内側の枠には風車が取り付けられていて、灯をともすと熱でくるくる回るようになっている。現物は廃れても、臨死状況でのパノラマ視体験の比喩として21世紀に語り続けられている。

なお、臨死状態での比喩における「走馬燈」は、人は瀕死の状態になると、記憶の中から助かる術を高速で検索し、それが過去の記憶を一気に思い出させることになる。これが「走馬燈」のメカニズムである。