大塩平八郎の乱

社会

大塩平八郎の乱

おおしおへいはちろうのらん

大塩平八郎の乱(おおしおへいはちろうのらん)

1837年、大阪の町与力であった大塩平八郎と門弟らが起こした江戸幕府に対する民乱。天保の大飢饉に際して、貧民の窮乏を訴え、大阪町奉行所に救済を請うたが容れられず、また適切な手を打たない町奉行所や遊楽にふける豪商をみて幕政を批判し、大坂で(救民)の旗を立て蜂起。幕府によってすぐに鎮圧されたが、その後越後での生田万の乱などの民乱が続発、天保の改革促す結果となった。