スマートフォン用の表示で見る

大宰帥

一般

大宰帥

おおみこともちのかみ

律令制における大宰府の長官。

左遷先として使われたこともあるが、現地に赴任せずに京で特権のみを得たものも多い。

平安時代初期に伊予親王が就くと親王の就任が慣例化し、後に次官大宰権帥が実務をとるようになると大宰帥の実権はほとんどなくなってしまった。