スマートフォン用の表示で見る

第三海堡

地理

第三海堡

だいさんかいほ

首都の防衛のため、東京湾口に海上要塞として建設された人工島。面積34,000平方メートル1892年着工、1921年竣工。15cmカノン砲4門と10cmカノン砲8門を装備した。

1923年関東大震災により損傷・沈下したため放棄された。以後は波浪による崩壊が進んで暗礁化。浦賀水道での航行の妨げになったため、現在は撤去工事が進められている。