耽美派

一般

耽美派

たんびは

1860年ごろにフランスイギリスを中心に始まった、道徳功利性を廃して美の享受・形成に最高の価値を置く西欧の芸術思潮のグループのこと。


作品の価値はそれに込められた思想やメッセージではなく、形態と色彩の美にある、とする立場で、生活を芸術化して官能の享楽を求めた。