スマートフォン用の表示で見る

貯蓄銀行

社会

貯蓄銀行

ちょちくぎんこう

個人の零細資金を、住宅融資債券投資などで運用することを目的とした銀行

日本では戦中の銀行整理や、戦後の普通銀行転換などで1950年代までにはほぼ消滅。残っていた日本郵政公社郵政民営化による「ゆうちょ銀行」の発足により無くなった。