スマートフォン用の表示で見る

長距離自然歩道

地理

長距離自然歩道

ちょうきょりしぜんほどう

日本の環境省が計画を定め、各都道府県が整備、管理運営している複数の都府県間にまたがる自然歩道のこと。環境庁時代の1970年東海自然歩道の整備に始まり、順次整備が進められている。