スマートフォン用の表示で見る

適応機制

一般

適応機制

てきおうきせい

私たちの心が、緊張や不安などの不快な感情をやわらげ、心理的な安定を保とうとする働き。

  • 適応機制の種類
    • 代償(欲求が満たされない時、似かよった別のもので満足しようとする機制)

       補償⇒不得意な面を他の面でおぎなおうとすること

       昇華⇒ただちに実現できないことを社会的・文化的価値の高い活動で代償させる機制のこと

    • 同一化(自分にない名声や権威に自分を近づけることによって、自らの価値を高めようとする機制)
    • 合理化(一見もっともらしい理由をつけて、自分を正当化しようとする機制)
    • 逃避(直面している苦しくつらい現実から逃避することにより、一時的に心の安定を求める機制)
    • 抑圧(実現困難な欲求を心の中におさえこんでしまう機制)
    • 退行(たえがたい事態に直面したとき、発達の未熟な段階にあともどりして自分を守ろうとする機制)
    • 攻撃(他人や物を傷つけるなどして、欲求不満を解消しようとする機制で、直接的なものと間接的なものとがある)