渡辺温

読書

渡辺温

わたなべおん

小説家(1902-1930)

1902(明治35)年8月26日北海道で生まれ(本籍:秋田県)、東京深川区で育つ。

慶応義塾大學高等部在学中に、1924(大正13)年プラトン社の映画筋書懸賞に応募した「影」が谷崎潤一郎小山内薫の選で一等当選し、華々しくデビュー。

以後「新青年」「探偵趣味」などを中心に作品を発表する。

卒業後、1927(昭和2)年1月博文館に入社、翌年に一旦退社するが、1929(昭和4)年11月より博文館に再入社し、当時の編集長:横溝正史の助手として「新青年」編集に携わりつつ執筆活動を続ける。

1930(昭和5)年2月9日、原稿依頼のため谷崎潤一郎宅を訪問し、10日午前1時40分、ひろったタクシーが阪急夙川踏切(兵庫県)で貨物列車と激突、同4時35分死去。

実兄は小説家渡辺啓助


主な著書

アンドロギュヌスの裔』薔薇十字社(1970)

『叢書新青年 渡辺温 <ラ・メデタ―創作>』博文館新社(1992)