島田洋七

アート

島田洋七

しまだようひち

漫才師広島県広島市出身。

島田洋八とのコンビB&Bは、80年代の漫才ブームのきっかけとなった。

2001年には作家として自身の幼少時代の経験を元にした小説「佐賀のがばいばあちゃん」を発表。

同作品は2004年に文庫化、2005年に漫画化、2006年に実写映画化される。

2002年からはロフトプラスワンにてトークライブ島田洋七の笑魂伝承」を開始。

ほぼ隔月ペースで行われ、毎回旬の芸人をゲストに迎えてのトークを展開させている。

2006年、過去のライブでのトークをまとめた書籍「島田洋七とがばい芸人たち 笑魂伝承」を発売。