スマートフォン用の表示で見る

東久邇宮稔彦

社会

東久邇宮稔彦

ひがしくにのみやなるひこ

第43代内閣総理大臣皇族唯一の総理大臣である。

1887年 久邇宮朝彦親王の9男と生まれる。

1908年 陸軍士官学校

1914年 陸軍大学卒

1915年 明治天皇の第9皇女・聰子内親王と結婚。

1920年 フランスに留学し、フランス陸軍大学卒。

帰国後、第二師団長、第四師団長、航空本部長、第二軍司令官、防衛総司令官を歴任

陸軍大将。

1945年 終戦直後内閣総理大臣に就任したが、54日で総辞職

1947年 皇籍離脱

1990年没。