スマートフォン用の表示で見る

東京都立新宿高等学校

一般

東京都立新宿高等学校

とうきょうとりつしんじゅくこうとうがっこう

東京都新宿区内藤町にある都立高等学校

東京都立青山高等学校東京都立両国高等学校東京都立国分寺高等学校等と並ぶ都立2番手校。1921年創立の東京府立第六中学校を前身とする伝統校。創立者である阿部宗孝が厳格な教育を実践して学校の名声を高めた。戦艦三笠の「興國之鐘」が飾られていたこともある。戦時中に隠され、今は校地の地下深くに眠っているという言い伝えがある(興國之鐘伝説)。

戦後の学制改革を経て、1950年より現在の校名となった。全日制普通科、男女共学。

2003年より進学指導重視型単位制に移行。2007年、進学指導特別推進校に指定された。大学受験に非常に熱心な高校として有名で、「予備校いらずの高校」として人気がある。進学実績は年々飛躍的に伸びており、週刊誌の進学実績の伸び率ランキングでもトップを争う。行事も盛んで、東京都立戸山高等学校と戦う戸山戦や戦前から続く臨海教室などの行事が有名。卒業生に著名人多数。