東光ストア

一般

東光ストア

とうこうすとあ

北海道を中心にチェーン展開している食品スーパー。旧・札幌東急ストア

1972年東急傘下に入っていたじょうてつ東急ストア(後述の通り、この当時は「東光ストア」を名乗っている)などの出資により設立された「定鉄商事」から始まる。この時点で店舗名は「札幌東光ストア」を名乗っていたが、1975年から「札幌東急ストア」に改称している。

1998年になって社名も「定鉄商事」から店舗名と同じ「札幌東急ストア」に変更されている。

2005年にはじょうてつ及び同社グループ系が保有していた株式東京急行電鉄東急電鉄)に譲渡されて東急電鉄の子会社となり、翌2006年には東急ストアへの第三者割当増資により東急ストア連結子会社となった。

それ以降、東急ストア東京急行電鉄東急電鉄)、ニッポンレンタカー北海道じょうてつとの合弁)の三社が株式を保有していたが、東急電鉄ニッポンレンタカー北海道保有株を取得した上で東急ストアとともに札幌東急ストアの全株をアークス譲渡。2009年にアークスの完全子会社となり、現在の名称に改称された。

札幌東急ストア時代は、関東大手私鉄スーパーマーケットとともに「八社会」に加盟していたが、前述のアークス傘下入りとともにCGCグループに鞍替えした。

2012年、定鉄商事設立・「札幌東光ストア」出店開始から40周年を迎えた。

なお、札幌東急ストア連結子会社としていた東急ストアも、かつては「東光ストア」を名乗っていた。