スマートフォン用の表示で見る

東都大学野球連盟

スポーツ

東都大学野球連盟

とうとだいがくやきゅうれんめい

[英] TOHTO UNIVERSITY BASE BALL LEAGUE

東都大学野球連盟は、東京近隣に所在する21大学の硬式野球部で構成された大学野球リーグであり、全日本大学野球連盟の傘下にある。

1931年春、中央大学日本大学専修大学國學院大學東京農業大学によって五大学野球連盟が結成されたのを源流とする。

その後の加盟校の増加により、1935年春、名称を東都大学野球連盟に改名した。

加盟校は引き続き増加し、1961年春には、28大学となった。

しかし、1964年春、全日本大学野球連盟の地域編成により、7大学が脱退したために、東都大学野球連盟の加盟校は21大学となった。

もともとは独立したリーグであったが、現在は全日本大学野球連盟傘下となっている。

1部リーグは全試合が明治神宮野球場で行われるが、2部リーグ以下は専ら各大学が所有するグラウンドを使用する。

試合形式

各部ごとに春季リーグ戦及び秋季リーグ戦を2勝先勝制の総当たり*1によって行い、各部リーグ戦績により入替戦を行っている。

これとは別に、3年に1度、8月に加盟21大学の連盟としての交流を深めていくために、21大学の抽選により組合せを決め連盟主催の交流試合を実施する。さらに4部はチーム数の関係で試合数が少ないため、その週に試合のない3部校と準公式戦として交流試合を行っている。

*1:4部リーグのみ各校と2回ずつ実施

*22014年春季リーグ