楠田匡介

読書

楠田匡介

くすだきょうすけ

探偵小説作家(1903年明治36年)8月23日〜1966年昭和41年)9月22日)

本名:小松保爾

北海道厚田郡厚田村(現・石狩市)生まれ。

ペンネームは、連作探偵小説楠田匡介の悪党振り』*1から採られた。

1948年昭和23年) 密室トリックの短篇「雪」が「探偵新聞」(雄鶏社)の懸賞に一等入選。

1948年昭和23年) 「探偵小説新人会」を高木彬光香山滋山田風太郎島田一男岩田賛らと結成。

司法保護司を長年務めていた経験を活かした脱獄トリックが多い。

*1:「第一話 火傷をした楠田匡介大下宇陀児、「第二話 笑ふ楠田匡介水谷準、「第三話 人肉の腸詰」妹尾韶夫?(アキ夫)、「第四話 流れ三つ星」角田喜久雄、「第五話 一枚の地図」山本禾太郎?、「第六話 唄ふ楠田匡介延原謙