スマートフォン用の表示で見る

日照権

社会

日照権

にっしょうけん

建築物の日当たりを確保して健康的な生活をする権利のこと。マンションなど高層の建築物が建設予定になった場合に裁判所仮処分申請や損害賠償訴訟を起こす根拠となる。五十嵐敬喜が日本で初めて日照権の概念を生み出した。その後、1970年代頃から一般的に注目されるようになった。