日体大FIELDS横浜

スポーツ

日体大FIELDS横浜

にったいだいふぃーるずよこはま

神奈川県横浜市青葉区を拠点とする女子サッカークラブチーム日本女子サッカーリーグなでしこリーグ2部)に所属。

日本体育大学女子サッカー部を母体とするチームで、在学生だけでなく卒業生も選手登録している。


日本体育大学女子サッカー部は1985年創部。全日本大学女子サッカー選手権大会で最多16回優勝を誇る名門。

2010年より日本女子サッカーリーグ2部のチャレンジリーグに参加。

2015年シーズンより、日本女子サッカーリーグの3部制移行により、なでしこリーグ2部に編入。また、「なでしこリーグガイドライン」の導入に伴い、クラブチーム日体大SC横浜」として参加する。また、下部組織としてU-15の女子中学生チーム「横浜青葉ジュニアユース(愛称:ビーネ青葉)」を発足させる。

2015年5月、遊技機の企画開発・販売を事業とするフィールズがメインスポンサーとなるのに伴い、チーム名を「日体大FIELDS横浜」に変更。フィールズの子会社であるトータル・ワークアウトプレミアムマネジメントによる卒業生の受け入れも行われる。

2016年シーズンより、下部組織としてU-18チームの「日体大FIELDS横浜U-18」を発足。また、U-15のチーム名を「日体大FIELDS横浜U-15 biene aoba」に変更。