スマートフォン用の表示で見る

日本映像ソフト協会

一般

日本映像ソフト協会

にほんえいぞうそふときょうかい

Japan Video Software Association

社団法人。略称JVA。旧名は日本ビデオ協会。

会長は角川歴彦角川グループホールディングス代表取締役会長

映像ソフトに関する調査及び研究、規格・基準の策定、倫理基準の策定等を行うことにより、映像ソフトの普及向上並びに映像ソフト事業及びその関連産業の振興を図り、国民生活の向上と日本のの産業経済、文化の発展に寄与することを目的とする。

1971年7月21日にビデオ制作会社が中心となって任意団体日本ビデオ協会設立。1978年3月31日に当時の通商産業省(現在の経済産業省)より社団法人許可。1996年7月5日に社団法人日本映像ソフト協会に名称変更した。