スマートフォン用の表示で見る

熱血硬派くにおくん

ゲーム

熱血硬派くにおくん

ねっけつこうはくにおくん

1986年にテクノスジャパンがリリースしたアーケードゲーム。コイン投入時の「がんばってね」や、ボスキャラのサンプリングボイスも話題となった。

翌年にファミコン版が発売されて人気を博した。その後、スポーツゲームパズルゲームなど多岐にわたってシリーズ作品が発売され、ファミコン時代の代名詞的ソフトになる。現在でもこれらのシリーズのファンは多い。

2005くにおくんシリーズとして人気を博した作品が2005年にGBAにて復活。アトラスより発売。

ストーリー

くにおは熱血高校では、男気あふれる番長として君臨していた。ある時、マブダチのひろしが下校時に何者かに拉致され、くにおはその後を追った。花園高校番長りきをはじめとしたボスを倒し、ひろしを救うのが目的。

ステージ

暴力団のザコが持つドスに刺されると即死。