スマートフォン用の表示で見る

筈見有弘

映画

筈見有弘

はずみありひろ

1937年1997年6月14日。映画評論家東京出身。父は筈見恒夫。慶應義塾大学文学部卒後、イタリ フィルム(のちの東京第一フィルム)、日本ヘラルド映画各宣伝部を経て、映画評論家に なる。妻も映画評論家渡辺祥子

アメリカ映画を中心に評論を展開、著書に「アメリカ映画史」「ヒッチコック」「スピルバーグ」など。また、増淵健等と映画ファン向け季刊雑誌「映画宝庫」を主宰した。

ペンネームは父親の映画評論家、筈見恒夫にちなんだもの。

93年に15年がかりで12,554人掲載の「外国俳優事典」を完成させた。

著書

編著