氷見線

地理

氷見線

ひみせん

JR西日本鉄道路線。高岡駅−氷見駅 間 16.5km。非電化単線

列車

普通列車のみほぼ1時間に1本の運転である。他線との直通運転はない。

駅名よみ
“えき”は略
接続路線
高岡駅たかおか北陸線城端線
万葉線
越中中川駅えっちゅうなかがわ -
能町駅のうまち(貨物線:新湊線
伏木駅ふしき -
越中国分駅えっちゅうこくぶ -
雨晴駅あまはらし -
島尾駅しまお -
氷見駅ひみ -

沿革

現在の城端線を開業させた中越鉄道によって、1900年12月29日に高岡〜伏木間が開業した。1912年に伏木〜島尾間が、同年中に島尾〜氷見間が開業し、全通した。

1920年中越鉄道全線が国有化され、城端高岡〜伏木間が中越線、伏木〜氷見間が氷見軽便線となった。1922年氷見線に改称し、1942年に高岡〜伏木間が氷見線に編入された。

氷見から先、石川県羽咋までの延伸の計画(氷羽線)もあったが、実現しなかった。


リスト::鉄道路線