スマートフォン用の表示で見る

普通に

一般

普通に

ふつうに

若者言葉。スラング。「フツーに

標準の用法

若者言葉ではない従来型の『普通に』。

中間的な評価である標準モデルを目指す意味。

『普通な』という形容表現に由来する副詞用法。

※標準モデルを意識すると、若者言葉の『普通に』は理解できない。

「普通に美味しい」が褒めていないように誤解してしまう。

基準の用法

いわゆる若者言葉の『普通に』。

比較した結果の標準モデルではなく、発言者のスタンスである基準を意味する。

具体的な理由よりもスタンスが先立つ口実表現であり、基準に託けて同調する託調表現

口実表現なので、言い換えが難しく、『普通に』を省略しても内容そのものは通じる。

※『普通な』という形容表現に言い換えることができない表現。

「普通な美味しさ」は褒めてない。

『普通に』のスタンス基準は、自己基準と世間基準があるが、両方を重ねる場合もある。

自己基準の場合は、程度の副詞。世間基準の場合は、同調ありきの状態の副詞

世間基準は、「みんながそう思うくらい」や「私の考えはさておいて」という意味を込められる。

意味

1.自己基準の場合(程度の副詞

発言者の意識の簡単軽快さを強調する。

2.世間基準の場合(状態の副詞

誰もが納得する絶対さを強調したり、自分だけの感想ではない抑制を強調したりする。

「普通にカワイイ」→「絶対的にカワイイ」と「自分ではなく世間の感想としてカワイイ」の場合がある。

3.標準の場合(従来の意味)

「当然のごとく」「通常どおり」

用例

「フツーに好きなだけ」(北川景子・2009年、月9ドラマ「ブザー・ビート」)

「この料理、フツーにおいしい」

「今朝、フツーに雨が降った」