スマートフォン用の表示で見る

武豊線

地理

武豊線

たけとよせん

JR東海地方交通線大府-武豊間19.3km

知多半島東部を南北に結ぶ。

種別と運行形態

大府-武豊間のワンマン普通の他、朝と夕方はこれに加えて名古屋-武豊間の区間快速(武豊線各駅停車)が運行される。

歴史

1886年3月1日、熱田武豊間が開通した。極めて早い時期の開通だが、これはこの路線が、武豊港に荷揚げした資材を、東京京都間の鉄道(この当時はまだ中山道経由の計画だった)建設のために輸送することを目的に敷設されたことによる。同時にこの路線は、太平洋側(武豊港)と日本海側(敦賀港)を結ぶ幹線鉄道計画の一部を構成するものでもあった。東海道線全通後は東海道線の支線となった。

2015年3月に電化。

駅名読み
大府おおぶ
尾張森岡?おわりもりおか
緒川おがわ
石浜いしはま
東浦?ひがしうら
亀崎駅かめざき
乙川おっかわ
半田はんだ
東成岩?ひがしならわ
武豊たけとよ