スマートフォン用の表示で見る

風間八宏

スポーツ

風間八宏

かざまやひろ

サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはミッドフィルダー

1961年10月16日生まれ。静岡県静岡市清水区出身。

長男の風間宏希、次男の風間宏矢もサッカー選手。


清水市商業高校時代には3年連続で静岡県高校ベストイレブンに選出。

1979年、日本開催のFIFAワールドユース選手権日本代表に選出。

その後、筑波大学1年次のとき、サッカー日本代表A代表)に選出された。

卒業後、茨城県リーグ4部のジョイフル本田に所属。

ロサンゼルスオリンピック予選終了後の1984年ドイツバイヤー・レヴァークーゼンに入団。日本人3人目のブンデスリーガ選手となった。

1985年、レムシャウトに移籍しプロ契約。

1988年、ブラウンシュバイクに移籍。

1989年帰国し、マツダSCに入団。チームの1部復帰に貢献。

1992年、Jリーグ発足に伴いサンフレッチェ広島でプレー。日本人選手Jリーグ初ゴールを決めた。1994年の1stステージ優勝にも貢献した。

1995年、サンフレッチェ広島を退団し、再びドイツに渡り、レムシャウトに復帰するも、1年で退団し現役引退。その後は指導者に転身した。

1997年桐蔭横浜大学サッカー部監督に就任。

2004年、JFA公認S級コーチライセンス取得。

解説者としてフジテレビすぽると!」などに出演。

2006年8月、日本サッカー協会特任理事に就任。2008年7月、役員改選で正式に理事となった。

2008年、母校の筑波大学蹴球部監督及び筑波大学体育センター准教授に就任。

2012年4月、相馬直樹の後任として川崎フロンターレの監督に就任。

所属クラブ

1977-1979
清水市立商業高等学校
1980-1983
筑波大学
1983
ジョイフル本田 
1984-1985
バイヤー・レバークーゼン
1985-1988
レムシャイト
1988-1989
アイントラハト・ブラウンシュヴァイク
1989-1995
マツダSC/サンフレッチェ広島
1996-1997
レムシャイト