スマートフォン用の表示で見る

副大臣

社会

副大臣

ふくだいじん

 政治主導の政策決定をはかりるため、これまでの政務次官に代わって2001年1月5日の第2次森内閣以降任命されている特別職公務員

 法律上の根拠がなかった政務次官会議とは異なり、副大臣会議には明確な法律上の根拠が記され、内閣への助言するものとされた。また国会で大臣に代わって官僚が答弁を行う政府委員制度が廃止され、必要に応じて副大臣が大臣に代わって答弁を行うものとされた。

 基本的に当選3回〜4回の議員が任命されることが多いが、閣僚経験者が副大臣に指名されることもある。