スマートフォン用の表示で見る

穂積八束

読書

穂積八束

ほづみやつか

リスト::学者::社会科学

憲法学者

宇和島城下(現宇和島市)出身。幼名茂三郎。東京帝国大学(現東京大学)で憲法講座を20年以上担当するとともに、法制局参事官・枢密院書記官・法典調査会査定委員などを歴任した。特に大日本帝国憲法の解釈、普及に尽力した。明治22年にフランス民法を模範としたボアソナード民法が示されると「民法出テゝ忠孝亡フ」と梅謙次郎ら民法施行断行派と民法典論争をした。