法定外目的税

社会

法定外目的税

ほうていがいもくてきぜい

地方自治体が独自に条例で創設できる地方税法定外課税)の中で特定の行政サービスに充てるもの。2000年施行の地方分権一括法で制度化された。