貿易保険

一般

貿易保険

ぼうえきほけん

企業などが行う貿易や対外直接投資などによる非常危険信用危険を補填する保険のこと。戦争などの非常危険は民間の保険会社では引き受けることが困難なので各国において、それぞれの政府貿易保険を運営している。日本においては、1950年以降は当時の通商産業省(現在の経済産業省)が直接運営してきたが、2001年の中央省庁再編に伴い、独立行政法人日本貿易保険が元受を行い、国(経済産業省)が再保険を実施している。