スマートフォン用の表示で見る

北斗晶

スポーツ

北斗晶

ほくとあきら

元・女子プロレスラー。現・佐々木健介の妻。

通称「鬼嫁」。

本名・佐々木(旧姓宇野)久子。

1967年7月13日埼玉県吉川市出身。O型

168cm、68kg。

デビュー戦は1985年6月12日札幌中島体育センターにおけるVS岩本久美子?戦。

現役時代の通称は “デンジャラス・クイーン”。得意技はノーザンライトボム

1988年にはみなみ鈴香と海狼組(マリン・ウルフ)を結成し、1989年3月1日に「颱風前夜(The Evo of Fight)」で歌手デビュー。他に、「猛武闘賊?」(ラスカチョーラス・オリエンタルス)、「チーム・ノストラダムス?」、「卑弥呼」、「D-FIX?」を結成した。

日本初のママレスラーとなるも、2002年4月7日の横浜文化体育館において現役引退。

現在はマネージャー・セコンドとして選手としての夫もサポート。試合の合間にはタレント活動も。

2005年、健介オフィス社長に就任。

2012年、テレビ番組の企画で顔面アンチエイジイングのフル整形(総合70万)をおこなった。

リスト::プロレスラー