スマートフォン用の表示で見る

堀内敬三

音楽

堀内敬三

ほりうちけいぞう

昭和期の音楽評論家東京生まれ。

ミシガン大、マサチューセッツ工科大で学び、帰国後、NHKで洋楽を担当。日大教授、音楽之友社社長などを経て、戦後はNHKラジオ話の泉』のレギュラーなどで親しまれた。1950年放送文化賞、1959年紫綬褒章、1978年に勲三等瑞宝を受ける。

1965〜71年(昭和40‐46)日本音楽著作権協会会長。著作多数。訳書や訳詞でも秀れた仕事をしている。

   

著作

『音楽史』

『音楽五十年史』

『音楽の泉』

   

外国曲作詞

『眠りの精』

モーツァルトの子守歌

『冬の星座』

『つりがね草』(美しき)