スマートフォン用の表示で見る

埋め草

読書

埋め草

うめくさ

出版業界用語の一つ。

記事が足りなくて誌面が全部埋まらないときに、

適当な記事を入れてとりあえずスペースを埋める事。また、その記事。

今では転じて、文章の本義的内容から外れる駄文の意味でも用いられる。

<<語源>>

室町時代から戦国時代にかけて、城を攻める際に掘を埋める為に草を使った事から。