スマートフォン用の表示で見る

満漢全席

満漢全席

まんがんぜんせき

中国清朝乾隆帝の時代から始まった満州族の料理と漢族の料理のうち、山東料理の中から選りすぐったものを取りそろえて宴席に出す宴会様式のこと。後に、広東料理など漢族の他の地方料理も加えるようになり、西太后の時代になると満漢全席はさらに洗練された。盛大な宴の例では途中で出し物を見たりしながら、数日間かけて100種類を越える料理を順に食べる場合もあったと言われる。しかし、清朝が滅亡すると、宮廷内の料理人は四散して料理の伝統が途絶えたとされる。