スマートフォン用の表示で見る

名ばかり管理職

一般

名ばかり管理職

なばかりかんりしょく

十分な権限も報酬も得ていないのに管理職扱いされて残業代を支給されない従業員のこと。「偽装管理職」とも呼ばれている。

労働基準法第41条第2号において、「事業の種類にかかわらず監督若しくは管理の地位にある者(以下、「管理監督者」という。)または機密の事務を取り扱う者」は、休憩および休日に関する規定の適用除外者とされている。制定当時の想定としては、時間的制約に縛られると業務に支障が出てしまうような高位の管理役職のためのものであった。

しかし、この「監督・管理の地位」を広義に拡大解釈し、広範囲の労働者を「管理監督者」と位置づけ、休憩や残業、休日に出勤を無給で強制する行為が横行している。

IT 業界では「チーム全員が名ばかり管理職だった」という、笑えないジョークが流行っている。