スマートフォン用の表示で見る

名和晃平

アート

名和晃平

なわこうへい

1975年大阪生まれ。京都市立芸術大学大学院美術研究科博士後期課程彫刻専攻修了(2003)。「京都府美術工芸新鋭選抜展」で最優秀賞受賞(2003)。個展「PixCell」を開催(2003)。近作のPixCellシリーズは羊、鳥、卵、ナイキシューズなどをガラスビーズやプリズムシートで覆う作品群。目の前に存在するにもかかわらず、物質感を喪失した不思議な「もの」に変化する。私たちが「見て」「触って」「感じて」いるものがなんであるかをダイレクトに問う。