スマートフォン用の表示で見る

木村昇吾

スポーツ

木村昇吾

きむらしょうご

広島東洋カープ所属の内野手、右投げ左打ち。

横浜ベイスターズ '02年ドラフト11巡目、背番号「66」。

1980年4月16日生まれ、いわゆる「松坂世代」の1人。*1

07年オフ、岸本秀樹と共に小山田保裕とトレードで広島へ移籍。

尽誠学園高−愛知学院大−横浜ベイスターズ広島東洋カープ

尽誠学園高時代:'98夏 甲子園2回戦に出場。

愛知学院大時代:'02年大学選手権2回戦出場、愛知大学リーグ・ベストナイン遊撃手(2回)選出。


2003年(入団1年目)は開幕ベンチ入り、開幕2戦目で伊良部秀輝(当時阪神)からプロ初安打をマーク。

同年は25試合に出場するも、その後はファームチーム湘南シーレックスでのプレーが主。本職は遊撃。


2006年、横浜ベイスターズ春季キャンプ最終クールから一軍合流。

3月12日現在、オープン戦通算打率は.417。


08年は三塁、遊撃の守備固めや代走として活躍。広島時代の木村拓也の応援歌を引き継いだ。

09年より外野守備にも挑戦。

*1:同期入団の松坂世代には龍太郎(土居龍太郎)、村田修一、河野友軌、堤内健の4人がいる。