スマートフォン用の表示で見る

木尾士目

マンガ

木尾士目

きおしもく

日本の漫画家。代表作に「げんしけん」。

筑波大学人文学類卒。男性。1994年に「点の領域」でアフタヌーン四季賞を受賞。その後、「陽炎日記」「四年生」「五年生」で、大学生活をモチーフにした、若者の現実との軋轢を描いた作品を発表する。

2002年より、大学のオタク系サークルを描いた「げんしけん」を連載。2006年に完結するが、2010年に「げんしけん -二代目-」として連載再開した。