有田八郎

有田八郎

(社会)
ありたはちろう

外交官政治家、元衆議院議員
旧姓:山本
1884年(明治17年)9月21日、生まれ。1965年(昭和40年)3月4日、死去。80歳だった。
新潟県出身。
山本悌二郎の弟。
1909年(明治42年)、東京帝国大学 卒業後、外務省に入省。ベルギー・中国大使などを務める。
1936年(昭和11年)4月2日、広田弘毅内閣の外相となり、日独防共協定を締結した。のち第1次近衛文麿平沼騏一郎米内光政各内閣の外相を務めた。
1953年(昭和28年)、衆議院選挙に旧新潟1区から立候補し当選。
1955年(昭和30年)、東京都知事選挙に出馬したが落選。
1959年(昭和34年)、東京都知事選挙に出馬したが落選。

新着ブログ: 有田八郎