スマートフォン用の表示で見る

近衛文麿

社会

近衛文麿

このえふみまろ

明治24年(1891年)10月12日〜昭和20年1945年)12月16日

昭和・戦前期の政治家

第34、38、39代内閣総理大臣。貴族院議長も務めた

公爵。五摂家筆頭の家柄で外見も優れ、国民に支持が篤かった

日中戦争太平洋戦争初期の首相として知られる。開戦を決定し、戦時体制を敷いたものの、戦中は早期和平を常に唱え続けた

戦後、内閣の一員として政治の表舞台に復帰したが、国内からは戦争責任を求める声が強かった

世論に押されたGHQによってA級戦犯として召喚され、召喚期限の前日に荻窪の自宅、荻外荘にて青酸カリを服毒し自殺した